米サークル傘下に入った仮想通貨取引所ポロニエックスの今後

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

仮想通貨取引所ポロニエックス(Poloniex)、決済のスタートアップ会社サークル(Circle)によって買収

サークルは月曜日に、この取引についての最近の噂どおり、アメリカの仮想通貨取引所ポロニエックスを買収したと報告した

報告でポロニエックスは、サークルによって技術面とカスタマーサポートを強化し、「我々は将来に向かって効率よく進み続けることができる」と語った。

「私たちの過去数年のめざましい成長は、企業拡大する際にどうしても起こってしまう問題を抜きにありえなかった、と思っている。私たちはサークルの経験の力を得ることよって、私たちのプラットフォームと実務が規模拡大に耐えられる能力を備え、信頼性を高めること楽しみにしています。」

この買収についての噂は、月曜日の発表に先駆けて数週間飛び交っていた。2月2日にモダン・コンセンサス(the Modern Consensus、アメリカのテック系ブログメディア)は、サークルはポロニエックスの買収に向けて最後の審議に入ったと報告した。

フォーチュン(Fortune)のロバート・ハケット(Robert Hackett)は取引の知識から、サークルは2014年に創立したポロニエックスに約4億を支払ったと報告した。

その取引についてサークルは、ポロニエックスのチームによってこれまでになされた業績を引き継ぎながら、今までの「アセットタイプの仮想通貨のためだけの取引所」から、より先へ進んだゴールを目指すと語った。

「私たちは、価値を持つ全てのトークン、例えば物理的商品、資金調達、株式、不動産、アート、音楽、文学のようなクリエイティブ作品、リースやレンタルサービス、クレジット、先物取引などを扱う、活気のある多面的な分散型市場を想像しています。」

共同創設者のジェレミー・アレイア(Jeremy Allaire)とショーン・ネヴィル(Sean Neville)は述べた。

ポロニエックスはこの声明で、利用者はこの移行の間、サービスの不具合を感じることがない、という点を強調した。

「この移行の間に行われるどのアップデートも水面下で行われ、ユーザー・エクスペリエンス、プラットフォームの機能、そして安全性を高めることに焦点を当てます。」

「お客様の資産は安全に保たれ、アカウントの機能には中断されることなくスムーズにアクセスできます。」

とポロニエックスは付け加えた。

Crypto Exchange Poloniex Acquired By Payments Startup Circle – CoinDesk