ベネズエラ政府、国内で運営可能な取引所を制限する可能性が浮上

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ベネズエラ政府が、国内で運営可能な仮想通貨取引所の数を制限する方針に移行する可能性があります。

先週公開された10ページのマニュアルによると、新しく発売された仮想通貨Petroに関連する一連のリリースの一環として、わずか8つの取引所だけが市場での運営を承認される可能性があります。

2月20日に公開されたこの文書では、国内の仮想通貨取引所が運営するために必要な要件について詳しく説明しています。取引所の運営が始まってから90日が経過して政府が制限を修正するまでは、ベネズエラ政府による仮想通貨管理の下で、国内で運営できる仮想通貨取引所の数には上限が設けられるであろうことが示唆されています。

ベネズエラのこの進行中のプロセスに関する情報源によれば、実際には上限はより少なく設定される可能性があります。

BlinkTradeの共同設立者であるDaniel Arraez氏によると、政府は認可する取引所の数を文書に書かれた数字より少なく制限するかもしれないそうです。 BlinkTradeは、ビットコイン取引用のオープンソースソフトウェアを提供しており、2014年にベネズエラでSurBitcoinを開始し、新しいPetroライセンス制度のもとでの運営に対応しています。

Arraez氏は、取引所の透明性が確保され、ベネズエラの人々によって合法的であると認識される場合にのみ、規制の変更は大きな市場機会をもたらす可能性があるだろうと話します。 CoinDeskと話をした時Arraez氏は、彼の会社の見通しについて楽観的な見解を打ち明けました。

「現行の規制変更は肯定的な変化だと感じている」と強調し、彼は次のように付け加えました。

「われわれは、市場が安全なものになると考えており、顧客の資金と安全を守るための運営保証を得ることができる」

新たに公表された規制枠組みの中で、ベネズエラでいくつの取引所が立ち上げられるかはまだ分かっていません。同様に、2月21日の地方ニュース紙Panoramaの報道によると、マドゥーロ大統領は、「世界の主要な仮想通貨取引所のうちの36カ国の取引所がベネズエラ政府と協力している」と述べていますが、マドゥーロ政府との活発な交渉を行っている取引所は明らかにされていません。

それでもこの文書からは、取引所管理についてのベネズエラ政府の考え方と、どのようにして仮想通貨によるエコシステム(収益構造)を構築するつもりなのかについてのヒントが示唆されています。

Venezuela May Move to Limit New Crypto Exchange Launches – CoinDesk