トルコ政府議員、国有仮想通貨を提案

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

一部によると、トルコの国会議員が国有の仮想通貨に取り組む姿勢を示していると伝えられています。AI-Monitorの報告によれば、トルコ政府前産業大臣で、民族主義者行動党の副議長を務めるAhmet Kenan Tanrikulu氏が、”Turkcoin”と名付けられた国家に依る仮想通貨の提案をするための報告書を作成したと伝えています。

技術の詳細は明らかになっていませんが、同氏が既存の仮想通貨よりも、生み出されるリスクが低いと主張するTurkcoinの発行によって、資産担保証券をトークン化を目指すとしています。報告書ではさらに、このような資産の受け皿には、ターキッシュエアラインズ、イスタンブール証券取引所、およびトルコテレコムといった大手公共団体が含まれていることも言及されています。

同氏はAl-Monitorの取材に次のように応じました。
「世界は新しいデジタルシステムに向かって進んでいます。トルコは手遅れになる前に、独自のデジタルシステムと(仮想)通貨を創り出すべきです。」

Tanrikulu氏は報告書の中で幾度も、市場をコントロールするための、仮想通貨に対するより明確な規制に取り組むよう、声高に求めています。同氏は国内の仮想通貨に関する法的枠組みの欠如が、不正利用につながる可能性があることを主張しています。

「すべてのタイプのリスクを算出してからの奨励された規制の導入は、仮想通貨市場、特にビットコインによる財源を生み出すことを可能にするでしょう。この状況の中、我が国が必要としているのは、ビットコイン取引所と、この分野の規制を法的に定めることです。」と同氏は話しています。

我々はTanrikulu氏の発言が、トルコの副大統領がCNN Turkeyのインタビューの中で、政府が国有の仮想通貨に着手しようとしていると述べてから、数週間後に発表されたことに注目すべきです。またトルコの思惑に関する報道は、ベネズエラが自国のトークンを売り出し、ニコラスマドゥロ大統領が7億3,500万ドルを集めたと主張した直後に到着しています。

Turkish Lawmaker Proposes National Cryptocurrency