イギリスの財政委員会、暗号通貨調査を開始

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

イギリスの各党派からメンバーが選出された財務省先行委員会は、ビットコインなどの暗号通貨や、ブロックチェーン技術についての理解に努めるため、それらに関する調査を開始しました。

イギリス財政委員会は本日より、消費者と企業、そして政府が影響を受ける好機とリスクの両方の面に焦点を置いた、暗号通貨に関する新しい調査を開始します。The Guardian紙が「強力なメンバーによる委員会」と称した議員集団は、銀行や中央銀行を含む金融産業における、ブロックチェーン技術の破壊的な可能性についても研究を進める予定です。

委員会議長のNicky Morgan氏は、この調査は、投資家や市民がビットコインのような暗号通貨に、日毎ますます意識を向け始めている今日において必要とされてきた、と述べます。同氏は暗号通貨関連の投資に関する規制の欠陥を指摘して、個人投資家たちは、その投資範囲における消費者保護を受けることができない、と話しています。

「財政委員会では、消費者、企業、そして政府に対して、デジタル通貨が引き起こす可能性のある、不安定さや、マネー・ロンダリング、サイバー犯罪といったことに関連したリスクについて調査していきます。」と同氏は発表しました。続けて、特にこのように述べています。

「我々は、暗号通貨とその基礎となる技術に潜在する利益についても調査する予定です。それらがどのように革新的な機会を生み出すのか、どれほどまで経済に混乱を招き、伝統的な支払い方法を台頭していくかといった点です。」

Morgan議長は、消費者の保護と、「一方で、(企業の)イノベーションを妨げない」点の双方に正当なバランスで焦点を置いた規制を打ち出すことが「必須」であると述べました。「今回の新しい調査では、」と彼女は続け、「このバランスがどのように達成できるかを模索していきます。」と言及しています。

委員会は、政府に対して報告書を提出する前に、「適切なバランスの打ち出し」に向けて推奨された方針を示すため、暗号通貨の専門家からの口頭または文書によるアドバイスや提案の受付を開放しています。

この調査は、イギリス大蔵省が、暗号通貨取引と各利用者に対する規制拡大と課税政策を比較考慮をおこなってから数カ月以内に開始されます。同委員会のAlison McGovern氏は、今日の調査は、政策を施行するのに先立って、イギリスの立法者や政治家たちが、暗号通貨に関する自身の学習する気を起こさせるのに役立つだろう、と述べます。同氏はさらにこう話します。

「今こそ、ホワイトホール市とウェストミンスター市が暗号通貨への理解を深め、ブロックチェーン技術に対する政策環境について、より明白に考えるべき時です。」

UK Treasury Committee Launches ‘Inquiry’ into Cryptocurrencies