アリゾナ州での仮想通貨ノードの法的保護、一歩前進

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

仮想通貨ノード(仮想通貨送信処理の中継点)経営者を保護する法案の成立がアリゾナの立法府で進行中であると公的文書で発表されました。

Jeff Weninger(R.-17)議員が2月6日に提出した議会法案2602は、2月20日にアリゾナ議会を通過し、60票のうち55票賛成で採択されました。この法案は上級審議のために上院議会に提出される予定です。

この法案は、アリゾナ州内の町や郡政府が住宅でそのようなノードを運営する人々に制限を課すことを防ぐことを意図しており、「この問題は州全体としての関心事であり、地方政府が独自にさらなる規制を課すべきではない」と述べています。

Weninger議員の方針では、仮想通貨マイナーに限定されているかどうかは特定されていませんが、コンピューターのパワーを使用してブロックチェーン上の取引を検証または暗号化する個人は保護されています。

振り返って考えてみると、この法案は、アリゾナ州議会を通過していく法案の1つにすぎません。 Weninger議員が後押しした別の法案では、州の法的枠組みの中で、「仮想通貨」、「ブロックチェーン」、「仮想通貨発行」という用語を正式に定義しようとしています。

今月初めに提出された特定の法案が採択されたならば、イニシャルコイン・オファリング(ICO)が現行の法律のもとで有価証券として定義される時期が特定されることになります。

しかし、さらに重要なのは、アリゾナ州上院で最近通過した別の法案によって、州政府がビットコインや他の仮想通貨での税金の支払いを受け取る権限を有することになることです。この法案は、承認されれば、アリゾナの歳入部門は仮想通貨による税金の支払いを受け取った日のうちに仮想通貨を米ドルに変換する必要が出てきます。

この法案は、Warren Petersen上院議員(R.-12)によって導入され、また、Weninger議員は同じ議会の後援者です。公的文書によれば、この措置は2月20日に2度目の審議を与えられたようです。

Crypto Nodes Are One Step Closer to Legal Protection in Arizona – CoinDesk