ベネズエラ発行の仮想通貨Petroに関連してると思われる企業が複数挙げられる

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

今週、国家から発行されるという意味で新種の仮想通貨であるPetroについての情報がベネズエラから出ていますが、このプロジェクトの全体像はまだはっきりしていません。

実際、記者会見やTwitterキャンペーンが行われているにもかかわらず、この初めて試みられるパターンの仮想通貨について出てくるめだった質問の1つは、誰がそれを構築しているのか、どの技術が使用されているのか、どの民間企業が関与しているのかということです。

おそらく、後者の分野で有名な企業の中で最も注目されるべきなのは、Aerotradingと呼ばれる、公式サイトで「最大のブロックチェーンコンサルティング会社」と主張しているあまりよく知られていないコンサルティング会社です。

ベネズエラ政府はソーシャルメディアで、このコンサルタント会社との合意を強調し、その代表者と大統領ニコラス・マドゥーロとの会議の写真をアップロードしました。

AerotradingにリンクされているTwitterアカウントには、この件について複数のツイートが投稿されており、この会社は「ブロックチェーンエコシステム(収益構造)へのPetro仮想通貨の参入を歓迎することを喜ばしく思います」とも述べています。

しかし、Petroの発売と使用に際し、この会社がどのような役割を果たしているのかなど、まだ疑問が残っています。 Aerotradingのアドレスに送信した電子メールは、本記事が発行されるまでに返信されませんでした。

以前報告されたように、ニコラス・マドゥーロは12月に「Petro」を発表し、火曜日に政府は初日に7億3500万ドルを調達したとも発表しました。 しかし、この売り上げは紛らわしいメッセージによって損なわれた部分があるとされており、同国の政治家はこの動きを違法と告発しています。

オープンソースのNEMプロトコルの開発を監理するNEM財団はPetroに関与していないと発表しています。ベネズエラ政府が公表した文書で、トークンが発行されるプラットフォームとしてNEMネットワークが使用されることが示された後、NEM財団は最初にこの内容について言及しました。

「NEMの技術は、それを利用したい個人や団体に自由に開かれています。NEM財団は、政治的支持を行いません。ベネズエラ政府がNEMブロックチェーンを利用しようとしていることは確認しています」とNEM財団はTwitterに投稿しています。

財団の代表者は、CoinDeskに電子メールで「このプロジェクトには関与しておらず、どんなオープンソースプロジェクトも管理する立場にない」と語りました。

「NEM財団は、NEMブロックチェーン技術プラットフォームの導入、教育、普及を、すべての業界や機関に国際規模で展開する明確な目的を持っています」と財団はこの返信で続けました。

財団の関与に関する混乱は、ベネズエラ政府からのツイートによって誘発され、そこでは財団の関係者と会合したという不正確な情報が発信されていました。このソーシャルメディアのやりとりでは、財団の関係者と勘違いされている問題の取引所がロシアに拠点を置くZeusExchangeであることを示唆しています。

コメントを求められたとき、取引所の代表者は、取引所のコードがこのプロジェクトに関連して利用されることを示唆しました。

「ゼウス取引コードの一部は、今後の仮想通貨取引に使用され、ベネズエラを含むすべてのメルコスール(南アメリカ諸国の関税同盟)諸国に対する一連のNEMブロックチェーンの一環として、使用される予定だ」と述べました。

現在、Petroプロジェクトに関連していると報告されている他の団体についての情報はあまりはっきりしていません。

ある情報によると、ベネズエラに拠点を置く仮想通貨取引所のMonkeyCoinのバックにいるチームは、関与していると噂されている団体の1つです。当時の記事によれば MonkeyCoinは2017年6月に立ち上げられた取引所です。取引所にこの件について送られた電子メールは本記事発行時には返信されていません。

ニュースサービスEl Cooperanteからの12月のレポートでは、融資プラットフォームのOnixCoinによる追加の仮想通貨プロジェクトをPetroイニシアティブに関連付けています。 このサイトで12月13日に報じられた内容では、OnixCoinは「ベネズエラの仮想通貨の時代を始める役割を担っている」となっています。

さらに、同じ月にReasonによって報告されたOnixCoin創設者のAngel Salazar氏は、ベネズエラ政府に仮想通貨規制について助言しているグループの一員です。

Venezuela’s Cryptocurrency Is Here, But Who’s Involved Isn’t Clear – CoinDesk