アメリカ規制当局がBitconnectのレコードリクエストを拒否

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


米国証券取引委員会(SEC)は、通常、法執行機関に関連する記録に適用される免除を引用して、BitConnect仮想通貨投資スキームに関する情報公開(FOIA)を拒否しています。

FOIAは、フロリダの弁護士、デビッド・シルバー(David Silver)によって送られました。法律事務所シルバー・ミラー(Silver Miller)は、ここ数週間でBitConnectに対して提起された多数の訴訟の1つで、顧客の代理人を勤めています。シルバーは、議論が沸き起こっているブロックチェーンプロジェクト、Tezosに関連するFOIAを以前は探していましたが、2月6日には同一の拒否状を受け取っただけでした。

このような手紙の場合と同様に、SECは捜査の存在を肯定も否定もせず、手紙自体は積極的な調査が行われているという証拠ではありません。コインデスクに最新の書簡を提出したシルバー氏は、BitConnectに関わる商品先物取引委員会(CFTC)の調査官からコンタクトがあったと述べており、それが米国の商品取引の規制当局で調査が進行中である証拠だと考えています。

CFTCの代理人は、コメントの要請にすぐには返事をしませんでした。

シルバー氏は、「BitConnectを調査するSECとCFTCの決定は、驚くべきものではない。先月私にコンタクトを取ってきた何千人もの人々が、総額10億ドルを失っている」とSilver氏は、電子メールでCoinDeskに語りました。また、それに加えて、

「仮想通貨の投資家が理解し始めているように、あなたのお金をどこに投資し、どこに保管しているかは、この分野では非常に重要なことです。『今日はここにあるが、明日にはもうない』という格言は、恐ろしいほどの真実であり、BitConnect、BitGrail、Kraken、CoinCheckなどの取引所にお金を置いているかどうかということである。カスタマーは、取引所の選択において安全さを感じとる必要があります。」

コインデスクによって以前、報道されたように、BitConnectは、計画されたICOの実施に先立ち、米国の州規制当局から非難の声が上がっており、複数の停止命令の対象でした。この状況は、BitConnectの開発チームが、レンディングプラットフォームを終了すると発表した1月中旬に、注目を集めました。これは、多くの企業がPonziスキームやあからさまな詐欺と述べたスキームの主要な特徴でした。これにより、BCCトークン価格が急落しました。

プレス時現在、BCCトークンはコインマーケットキャップ(CoinMarketCap)のデータによると、約3.58ドルで取引されています。

US Securities Regulator Rejects BitConnect Records Request