ワイオミング下院、ユーティリティー・トークンの証券規制免除を可決

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ワイオミング下院はユーティリティー・トークンの証券規制の免除を可決

ワイオミング下院は満場一致でユーティリティー・トークンの証券規制を免除する条例を可決した。

下院法案第70号は通過し、承認にむけて上院で審議に入る。もし承認され州知事がサインしたら、この法案は公用文書が示す7月1日から実施される。

この法律制定は、ユーティリティー・トークン開発者や売り手が特定の基準に合致した場合、証券規制が免除されることを目的としている。

以前のコインデスク(CoinDesk)の報告にあったように、その基準にはトークンを投資として売ることはできないが、しかし何かと必ず交換できる、ということが含まれている。また、売り手は現先取引(ある期間の後に決まった価格で買い戻す、または売り戻すことを条件として売買をすること)やトークンの買い手を見つける申し合わせに加わることはできない。

さらに、記載された基準に合ったトークンの売買である場合、企業・団体はブローカー・ディーラー(顧客からお金を預かり証券を売買する公的免許保有者。broker-dealer)である必要もない。しかし、その中でも銀行、信用組合・信用金庫、金融組合はこの法案の対象外となる。

上院で採決に向けて審議されているのは、この新しい法律制定だけではない。先週、仮想通貨が財産として課税されることを免除するという、もう一つの法案が提出された。

上院議案第111号は、下院でまだ採決、審議されておらず、「仮想通貨」を価値の貯蔵、交換媒介物、もしくは連邦政府によって明確に法定通貨として認定されていない計算貨幣とみなしている。

Wyoming House Approves Utility Token Securities Exemptions Bill – CoinDesk