リトアニアの中央銀行が1億ユーロを集めたICOを調査

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

リトアニアの中央銀行が、トークンオファーは有価証券だと決定した後、国内のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を調査していると発表しました。

リトアニア銀行は2月15日の発表で、トークンセールについてブロックチェーン銀行企業のBankera社と連絡を取ったと発表しました。Bankera社は2つのウェブサイトに広告を出し、すでに8,000万ユーロ以上の資金を調達しています。このICOの公式ウェブサイトでは現在1億ユーロ以上が販売され、来週にはICOが終了する予定だと発表されています。

しかし、受け取った情報に基づいて、同中央銀行はこのトークンセールは同国法における有価証券の提供を構成していると考えています。

リトアニア銀行は以下のように述べています。

「加えて、このICOはその認定を受けた仮想通貨を配布しており、すでに8,000万ユーロ以上を集めています。表題に記載された特徴を考慮に入れ、Bankera社の事業計画が提示している情報に基づくと、このICOは証券法の対象内、すなわち公募とみなされるという結論になります。そのため確立された要件に従って実施されなければなりません。」

同機関は、調査の結果しだいではさらなる行動をとることができると示唆し、これらの広告トークンセールに関する警告を出すことで締めくくりました。

「また、リトアニア銀行は、証券の特徴を持つ商品の宣伝と販促に関する法律行為の要件について他のメディアにも注意を喚起しており、広告関連法は法的行為の要件に違反する活動の広告を禁止しています」

と同中央銀行は述べました。

この措置の数か月前の昨年秋には、リトアニアはブロックチェーン使用事例の手引きを発表しています。その声明は、7月の米国証券取引委員会(SEC)の決定に続いたもので、当時、証券監督当局はその証券規則は一部のトークンセールにも適用されると述べていました。

最近では、スイスの金融監督機関である金融市場監督局が先週新しいガイドラインを発表しました。このガイドラインはいくつかのICOトークンを有価証券として扱うことを示唆しています。

Lithuania’s Central Bank Probes 100 Million Euro ICO