ビットコインの強気相場へ突入か?

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

仮想通貨市場は500億ドルで安定し、ビットコインは5%上昇を記録

2月18日に10,350ドル下落した後、ビットコインの価格は1日で5%の上げ幅を記録し、弾みをつけて市場全体にポジティブな影響を与え、11,050ドルまで再び跳ね上がった。

ビットコイン、強気相場の準備

20億ドル近くが2月18日以来取引されているように、ビットコインと世界の仮想通貨市場の1日の出来高はこの24時間比較的強気だ。

ビットコインの一日あたりの出来高は、バイナンス(Binance)、アップビット(UpBit)、ビットフィネックス(Bitfinex)を含むすべての主要な仮想通貨取引所で強気のままで、たくさんのアナリストが注目したように、1万3,000ドルに向かってもう一つのラリーが始まる兆候を示している。

韓国では、ビットコインの一日あたりの出来高が80,000ビットコイン以上この24時間で取引され、月間の高値を更新した。韓国で最も大きな主流のメデイア機関の1つであるハンギョレ(HanKyoReh)は、1月中旬以来初めて、ビットコインと仮想通貨市場への需要は増えてきていると報告した。

この数日間を通した上昇の勢いが持続するとすれば、たくさんの投資家がFOMO(「Fear of Missing Out」の頭文字の略で「見逃すことの恐怖」という意味)からビットコインマーケットに投資し始めているようだ。韓国や日本のような市場は口コミによって動く傾向があり、FOMOのような動きが大部分のアジア市場のより強気の出来高を誘発する。

韓国のもう一つの主流メデイア機関である朝鮮日報は、ビットコインはこの1ヶ月で元気を取り戻し、より多くの投資家が再び仮想通貨市場に参入し始めるにつれて、キムチプレミアム(韓国で取引される暗号通貨の価値が他の国よりも高いことを意味する言葉)が再び現れ始めた、と報告した。

「回復力があり強気のビットコインは否定的な論争、批評、大規模な修正があるにもかかわらず、10,000ドル以上を維持している。キムチプレミアムは需要が高まるにつれて再び成長しつつある。」

と朝鮮日報は報じた。

今、市場は僅か2ヶ月前の2017年12月、仮想通貨が空前の高記録19,000ドルを打ち立てた、その時のビットコインの強気相場と同じようなレベルと価格に見える。

仮想通貨に重点を置いたベンチャーキャピタル会社、パンテラ・キャピタル(Pantera Capital)のCEOであるダン・モアヘッド(Dan Morehead)は先週、ビットコインの価格はその弱気市場からの回復の後、来週までに激しく急騰するだろうと語った。モアヘッドは、ほとんどの弱気市場は71日間続く傾向があるので、次週ビットコインは価格を急増させるのに理想的なポジションにある、と指摘した。

「ー過去は未来を予言しないーと言われているが、これは正しい『訂正』かもしれない。他の注目すべき統計値は、一般的に平均して71日間続く弱気市場、私たちはこの中の52日目にいるということである。あと二週間ですべてはいわゆる普通になって、ゆっくり停滞し始めるかもしれない」

と、モアヘッドは今月初旬に語った。

イーサリアム(Ethereum)

ICOトークンに加えてイーサリアムと他の主要な仮想通貨はこの二週間、ビットコインのトレンドの後についてきていた。2~3の仮想通貨だけがビットコインの利益を上回ることができ、ほとんどの仮想通貨はビットコインに負けを記録した。ビットコインとは逆に、イーサリアムはこの24時間で2%下降した。

しかし、イーサリアムはその最高記録からたった32%未満下降しただけ、ということもまた大いに注目すべき点である。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。
Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

Cryptocurrency Market Remains Stable at $500 Billion, Bitcoin up 5%