オーストラリア監視局 昨年の暗号通貨詐欺の相談が1,200件に上る

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

昨年オーストラリア消費者監視局に寄せられた暗号通貨詐欺についての相談は、実に1,200件に及ぶと伝えられています。

ABCの7.30の報道によると、データはオーストラリア公正取引委員会(ACCC)により提供されたもので、同局は暗号通貨詐欺関連の相談を、2017年の一年間で1,289件受けたことを明らかにしています。また、被害総額は1,218,206ドルに上ると伝えています。

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)の理事を務めるJohn Price氏は

「暗号通貨の一部が詐欺であると、多くの報告が寄せられています。自身の財産の一部またはすべてを失った場合の備えがないうちは、投資を控えてください。」

と警告しています。

その2ヶ月後のニュースでは、同国が暗号通貨産業に対するより踏み込んだ管理をおこなう規制変更を設けたと伝えています。12月には、オーストラリア取引報告分析センター(Austrac)がビットコイン取引の前進的監視を引き受けることが決定しました。

この動きが意味するのは、暗号通貨交換所が取引報告分析センターによる国の承認が必須になることや、専用の承認システムが敷かれるということです。加えて交換所は、マネーロンダリングや金融テロのリスクの防止策、顧客情報の識別、7年間の記録管理を含む別の手続きが必要になります。

世界的に見ても、監視局やその他の委員会による、不正な暗号通貨詐欺に対処する動きが増加し始めています。CoinDeskは、ニューヨーク州検察が1月、70以上の不正なビットコイン投資サイトとみられるサイトを閉鎖させたと伝えています。

また、アメリカの証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)の両者がこの数週間で着手を始めました。SECは1月25日付で、暗号通貨取引銀行AriseBankに対し、詐欺の疑いと証券規則違反を課し、業務停止命令を通告しました。

それと同時期には、商品先物取引委員会が暗号通貨詐欺団体My Big Coinに対し、詐欺の疑いで訴えを起こし、まさに一週間前、2件の暗号通貨投資に関する不正の疑いで訴訟を提出しました。

Australian Watchdog Received 1,200 Crypto Scam Complaints in 2017