仮想通貨保険:より多くの企業がこの流れに参入

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ビットコイン取引に伴う盗難、詐欺、ハッキングの増加を受けて、保険会社はデジタル通貨投資家向けの保険パッケージを提供し始めました。いくつかの保険会社は、仮想通貨を取り扱っている様々な会社向けの保険の提供に踏み切る決断をしました。

参入するリスクはかなり高いものの、保険会社がサービスを提供するほどに市場は成熟しています。例えば、先週の金曜日、東京の企業であるCoincheckがハッキングの被害にあい、5億3,400万ドル分のコインが盗まれました。保険業界がデジタル取引企業向けの保険商品を提供することでこのような出来事は過去のものになるでしょう。

保険会社の提供するパッケージ

仮想通貨向けの保険を提供している会社には、Great American Insurance Group、XL Catlin、Chubb、三井住友海上保険などがあります。これらの企業は、顧客に様々な保険パッケージを提供しています。

例えば、後者の保険会社の保険パッケージは内部の脅威だけでなく外部の脅威にも対応します。この保険は間違い、不正アクセス、従業員の盗難をカバーします。この保険パッケージの価格は1000万円(88,500ドル)から10億円(8,850,000ドル)です。このパッケージに加えて、この保険にはそのような事態を防ぐのに役立つその他のサービスが付属しています。同社はセキュリティ診断を提供し、雇用前に雇用者の背景を確認します。この予防措置は発生するかもしれない損失を軽減するためのものです。

仮想通貨取引への保険サービスを最近取り扱い始めたその他の企業にはLineがあります。Lineは日本に拠点を置くメッセージアプリで、デジタル通貨に参入すると発表し、その計画は既に進行中です。Lineはメッセージアプリですが、利用者がビットコインを売買するためのプラットフォームを提供する予定の新部門を立ち上げています。このプラットフォームは利用者向けのローンと保険も提供する予定です。同社の数百万人のユーザーがこの保険とローンのための標的市場とされています。

上記のものとは別に、ビットコイン支払いを受け入れている加盟店や小売業者に保険を提供している別の会社として、bitFlyerがあります。同社はビットコインに関連する支払い取引のパッケージを日本で提供しています。加盟店は、取引の遅延、支払いシステムの不具合、またはゲートウェイの問題から保護されます。この保険は三井住友海上保険を通じて、bitFylerのシステムが提供するPOSシステムを持っている人に提供されます。

保険会社への挑戦

保険会社はすべての仮想通貨取引業者に保険を提供するために最善を尽くしていますが、企業は詐欺を減らすための優れたセキュリティ機能への投資を優先しています。取引がオンラインで行われているので、詐欺師もまた増加しています。

多くの詐欺師は、仮想通貨を取り扱っているように装う怪しげな会社を立ち上げ、投資家からお金を盗んでいます。同じように、保険会社は投資家からお金を盗む怪しげな企業に保険を提供しないように、保険を提供する前に相手企業を適正に評価するための良い仕組みを作り出さなければなりません。

要点

仮想通貨市場に参入するという保険業界の決定は、利益を上げるための良い挑戦です。しかしこの挑戦は、重大な犯罪である詐欺やマネーロンダリングに関わる不確かな課題に保険会社を晒すことにもなります。会社に保険を提供する前に、保険会社はその会社の適正な評価を行う必要があります。それにより正当な企業に保険を提供し、マネーロンダリングに関連する企業を避けることが可能になります。

より多くの保険会社が仮想通貨取引企業に自社のサービスを提供する計画を立てています。これにより、トレーダーや投資家は競争力のあるオファーを容易に手に入れることができるようになるでしょう。

Cryptocurrency Insurance: More Companies Join The Bandwagon