米国規制当局者がビットコインの世代的な影響について語る

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

仮想通貨が発展するにつれて、政府とのかかわりも発展します。

一部の国の議員は彼らが理解できない経済的力を抑え込もうとしていますが、アメリカでは逆の動きが始まっているようです。これは仮想通貨業界と議員との間での対話の機会があることを示しています。

今月行われた仮想通貨に関する米国上院銀行委員会の聴聞会で、米国証券取引委員会と米国商品先物取引委員会の委員長は議会に対し、ビットコインに対する連邦監督の拡大を検討するよう求めました。しかし、彼らは、仮想通貨の発展を強く禁止することなく消費者を保護することを強調しました。これに対応して、ビットコインの価格は急上昇し、わずか1日で2,000ドルを上回る上昇を示しました。

先週の聴聞会の直前、ビットコインは6,000ドルから5,947.40ドルまで下落しました。これは11月13日以来の最低水準で、米国株の急落の真っただ中でした。同委員会の聴聞会が始まった際、多くのオブザーバーらは政府による仮想通貨取引の取り締まりを予想して息を飲みました。

しかし仮想通貨投資家らは恐れではなく喜びで反応しました。この日にビットコイン価格は26%上昇し、イーサリアムは30%の回復を達成しました。仮想通貨全体の時価総額は890億ドルに上昇し、24時間で29%増加しました。ビットコインはそれ以来上昇し続け、現在9,000ドル前後で取引されています。

規制問題は白黒つくものではない

仮想通貨愛好家たちは、しばしば規制を否定的なものとしてみていますが、この分野で収益を上げることを望んでいる企業は、仮想通貨に関するより多くの指導を求めています。昨日の聴聞会はその時が近づいてきている可能性を示しています。

米国商品先物取引委員会 (CFTC) のJ. Christopher Giancarlo委員長は昨日、ビットコインコミュニティへの尊敬を示したように見えるコメントでビットコイン愛好家たちの心を捕らえました。彼は聴聞会の終わりに、ビットコインがブロックチェーン技術のおこぼれにあずかっているという誤解を否定しました。彼は、ビットコインがなければブロックチェーンは存在しなかったと述べたのです。

Barronによると、仮想通貨関連企業と働いている弁護士は先週の聴聞会の後、政府が過度に負担のかかる規制ではなく思いやりのある規制をすると予想する楽観的な見解を表明しました。

ビットコインの世代的な影響

Giancarlo氏や別の銀行委員会委員長であるMike Crapo上院議員(アイダホ州・民主党)のコメントは、聴聞会のストリームミングビデオで示されているように、何人かの議員にビットコインが与えている世代的な影響を示しています。

3人の大学生の子供の父であるGiancarlo氏は、小さなころから子供が金融市場に興味を持つように試みていたが失敗するだけだったと語りました。

「ところが去年それが変わったのです。」とGiancarlo氏は語りました。

「彼らは突然皆ビットコインについて話し始め、私がどう思うか聞いたり買うべきだと言ったりしました。」「私たちはこの世代の仮想通貨への情熱に敬意を払い、否定的な対応をするのではなく、思いやりのあるバランスの取れた対応をする義務があると思いました。」

とGiancarlo氏は語りました。

Crapo氏は、自分も子供と同じような会話をしたと語りました。

「これは特に私やあなた方の子供たちの間で、非常に興味深い一方で成長中の、経済的挑戦に関する新しい分野です。」とCrapo氏は語りました。

聴聞会では、ICO、取引プラットフォーム、デリバティブおよび投資信託(ETF)、金融犯罪を犯したり国際的制裁に対抗するためにその資産が使われていることを含む、仮想通貨およびブロックチェーン技術に関連する広範囲の規制上の懸念事項に触れました。

委員長はまた、Steven Mnuchin財務長官が急速に成長する業界の規制を調整するためにいくつかの連邦政府機関をまとめていると述べました。

規制当局の変化が必要

Clayton氏とGiancarlo氏の両者は、現在のところ仮想通貨取引が連邦レベルではなく州レベルで規制されているという事実に懸念を表明しており、将来のある時点で連邦規制当局の現物市場を監督する能力を強化することを議会が望むかもしれない、と繰り返しました。

Clayton氏は続けて話をICOに戻し、自身はICOを連邦規制の下で有価証券として分類すべきではないとは考えていないと述べました。

Clayton氏はまた、ビットコインETFを作ろうとしたファンドスポンサーに対しSECが抵抗した理由について洞察を加え、ETFは主に個人投資家をターゲットとしており、主に一方的な市場であるため、それを統制するルールはCFTCが監督する先物契約よりも厳しくなければならないと説明しました。彼は、これらのルールが後日満たされれば、SECはビットコインETFに対するスタンスを見直すことになるだろうと述べました。

仮想通貨は通貨の中央集権的な管理に逆らうために発明されましたが、広く受け入れられるものになるかどうかは、既存の金融システムとの統合能力に大きく依存しています。 仮想通貨愛好家はビットコインETFを承認するようSECに促してきました。このような媒体は、投資家がビットコインを所有しなくても、ビットコインに結びついた金融証券を取引することを可能にします。 SECの承認は、膨大な量の資金を仮想通貨にもたらすでしょう。

オブザーバーらは、ビットコインETFが承認されるためには、仮想通貨に規制された自律的システムが必要であるとかねてより述べています。米国の規制当局が何を考えているかを学ぶ機会を仮想通貨業界は無駄にすべきではありません。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

US Regulators Talk Bitcoin’s Generational Impact