分散型取引所は暗号通貨エコシステムの中で自分の権利を主張する

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

暗号通貨エコシステムは最近大ヒットを続けており、多くの投資家や株主が自分の保有する暗号通貨資産の取引の仕方を考え直すきっかけとなっている。過去数年間に何度か重大な暗号通貨ハッキング事件が新聞ネタとなっている。最近のニュースとしては、日本の暗号通貨取引所コインチェック社が5億ドル以上相当のデジタル通貨を失い、暗号通貨はハッカーの攻撃に対して非常に脆弱だという認識が広まった。

それにも関わらず暗号通貨全体の時価総額は増え続けているので(現在は40億ドル以上)、最近のコインチェック社のハッキングは最終的には投資家や株主に対する警鐘となる可能性がある。

中央管理型暗号通貨取引所の脆弱性が暗号通貨コミュニティにとってますます明白なものになっているので、代わりに分散型取引所に目を向ける者もいる。

ユーザーの暗号通貨を操作する中央管理型取引所とは異なり、分散型取引所ではユーザーが自分のウォレットにある自分の資金を管理することを認めている。分散型取引所はサードパーティーのサービスに頼ってユーザーの資金を保持するようなことはしていないため、大規模なハッキングの被害を受けにくい。このことはまた、分散型取引所での取引はユーザー間で直接一対一の形で行われることを意味している。このような特徴があるため、分散型取引所は中央管理型取引所と比べて攻撃されにくく、より透明性があるものになっている。

AirSwap、Bisq、EtherDelta、そしてもっとも新顔のHodl Hodlのような分散型取引所は、自分の資産をあまり手間を掛けずに管理したい暗号通貨愛好家らの興味をかき立てるものだ。このような分散型取引所のユーザーは自分で秘密鍵を保持して互いに直接取引きしており、真に分散化された形で暗号通貨資産を取引できることを実証している。

AirSwapのストラテジスト、Sam Tabar氏はBitcoin Magazineに次のように述べている。「私たちはトークンとトークンの取引について、中央管理型取引所から分散型取引所への流動性の巨大な移行が発生すると考えています。AirSwapの使命は人々が中間業者を介さずに暗号通貨資産を取引できるようにすることですが、ブロックチェーン技術はまさにこれを可能にします」

AirSwapはいかなるユーザーの資産も保持しない、とTabar氏は指摘している。AirSwapはイーサリアムのブロックチェーンとスマートコントラクトに基づいたアトミックスワップを利用することで、ユーザーに入金されるまでは取引が成立しないようになっている。

「中央管理型取引所はユーザーの資金を保持し手数料を取るので、ある意味で銀行、仲介業者、手形交換所としての役割を果たしています。ですがこれには問題があり、このモデルを悪用したハッキングが頻発することになります」Tabar氏はこのように語った。

暗号通貨を不換通貨に換える取引については?

大部分の分散型取引所は暗号通貨同士の取引を認めている。分散型取引所ではこのタイプの取引が一般的だが、Bisqはbitcoinと引き換えに、暗号通貨だけでなく国が発行した不換通貨を売買できる数少ない分散型取引所だ。

「不換通貨自体が銀行や政府の中央管理下にあるため、暗号通貨から不換通貨への交換取引は本質的に分散化が困難です。このことは、暗号通貨を不換通貨に換える取引を自動的に処理するように設計されたシステムは、こういった管理する主体の許可を得る必要があり、管理主体はたいていの場合bitcoinや暗号通貨関連との取引を認めません。ちょうど、先月Visaがbitcoinベースのデビットカードを自分のネットワーク上で使用停止にしたように」Bisqの共同設立者、Chris Beams氏はBitcoin Magazineに対してこのように述べている。

しかし、Bisqは外部での人手を介した不換通貨による決済を連携させることでこの問題を解決している。Bisqはいかなる方法でも銀行や国営決済システムとも直接統合しているわけではないことに注意しなくてはならない。それどころかBisqの取引プロトコルは、例えばヨーロッパの標準的な個人間のSEPA決済や合衆国のZelleのような個人間決済システムを経由するといった、Bisqアプリが関与しないところで、買い手と売り手が協力して不換通貨での支払いを済ますように仕組まれている。

Bisqは当事者間のネットワークのセキュリティが高いレベルで保証されている点でも優れている。

「中央管理型取引所では、ユーザーは暗号通貨や不換通貨を『預け入れ」て取引所の管理下、または監督下、に置くことが必要です。Bisqにはまったく監督権がありません。つまり、ユーザーが管理する立場にあるということです。ユーザーが自分の秘密鍵を第三者に手渡すことは絶対にないため、鍵をなくしたり第三者が盗んだりすることはあり得ません。そのためBisqは根本的により安全性の高い取引方法だといえます」とBeams氏は述べる。

つい最近、Hodl Hodlのβ版がリリースされた。Hodl HodlはP2Pの暗号通貨取引所の一種で、ユーザー間で直接取引することが認められており、ユーザーの資産を保持することはない。

その代わりHodl Hodlの資産は複数鍵エスクローでロックされている。

取引の当事者間で契約が締結される毎に複数鍵エスクロー暗号通貨アドレスが生成される。売り手は自分のウォレットから相手の口座に暗号通貨を送金し、送金された暗号通貨がエスクロー内でロックされると買い手は不換通貨を売り手に送金する。その後、売り手がロックされていた暗号通貨をエスクローからリリースすると、買い手のウォレットに暗号通貨が直接振込まれる。

強化されたプライバシー

その上、分散型取引所は資金を保持せず、取引はすべてP2Pで行われるため、ユーザーが口座を作る際にAML/KYCは不要となる。

「AML/KYCのような決め事は、bitcoinのブロックチェーンの透明性のある特性と相まって、プライバシーを著しく損ねることになります」Bisqの創設者Manfred Karrer氏はBisqがBitsquareとして初めて登場した際、このように述べ、さらに次のように続けた。

「このような取引所が集めたデータをつなぎ合わせることで、誰がどれだけ稼いだか、どれだけ貯金したか、どれだけ使ったか、さらには何に使われたか、について把握するのは朝飯前のことになります。そうなると迷惑なんてものではありません。bitcoinはこのような取引には向いていないことになります。その取引が完全に合法的なものであってもです」

Decentralized Exchanges Stake Their Claim in the Cryptocurrency Ecosystem