カナダの電力事業社Hydro-Quebec、マイニング企業への電力料金値上げを検討

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

安い料金で電力を利用したいと望むマイナーが集まってきたために、カナダの電力事業社Hydro-Quebecは、仮想通貨ビジネスに対するエネルギー料金を引き上げる可能性があります。

広報担当者のMarc-Antoine Pouliot氏がCTVニュースモントリオールに語った内容によると、Hydro-Quebec社には100社以上の仮想通貨関連の企業が接近しており、すでにいくつかの企業がこの州に定住しています。注目すべきは、いくつかのマイニング施設がモントリオールのスポーツ・エンターテインメント施設であるThe Bell Centreに必要な電力の20倍以上を消費しているとPouliot氏が述べたことです。

「そのようなプロジェクトは一つなら問題ではないが、現在は何百もそのようなプロジェクトが進行しています」とPouliot氏は語りました。

先月CoinDeskが報告したように、Hydro-Quebec社は当初、大手テクノロジー企業を低料金で誘致しようとしましたが、マイニングマシーンを冷やすのに理想的な寒さと安価な電力は、マイニング会社を引き付けました。

Hydro-Quebec社には余剰エネルギーがあり、マイナーは「興味深い顧客」であるとPouliot氏は語りました。

しかし、この需要により、同社は余剰を守るために過去には割引という形でしか実現されていなかった業種別の電力料金設定を考慮することにしました。

このニュースは、マイニングの盛んな地域は、マイニング施設のエネルギー消費を管理するためのより大規模な措置を検討する時期に来ていることを示唆しています。

今週初め、アイスランドの議員は、ビットコインマイニング企業に対して、国税収入への貢献の欠如を理由に税金を課すことを提起しました。

Hundreds of Crypto Miners Said to Be Descending on Quebec – CoinDesk